サプリメントで冷え性や便秘等体の悩みを解決

ピックアップ

cold

冷え性とは

冷え性とは、体内の血流が通常より遅くなることで引き起こされる体の冷えである。実際に低下した体温以上に冷たく感じるのが特徴で、特定部分にだけ冷えを感じることもあり、冷えが誘発する副次的作用もある。冬場に発症することが多かったが、夏にエアコンなどで、必要以上に室温を下げた環境にいることで発症すること…

サプリ

supply

サプリとは、不足している栄養素を補うために摂取する食品のことを指す。

病気の時に栄養を補給する目的で利用されていたが、最近では健康維持や、疲労回復を目的として摂取する人も増加している。

五代栄養素のうち、糖質、脂質、タンパク質は普段の食生活で十分に摂取することができる。ただし、ビタミンやミネラルは不足していると考えられているため、サプリで摂取する人も多い。

サプリには、冷え性や便秘改善の効果を持つものも多数ある。

種類

healthy

代表的なサプリはビタミンCやビタミンAなどのビタミン類で、販売されている種類も豊富である。

ビタミンC、ビタミンB1、B2、B6、B12などは水溶性ビタミンと呼ばれ、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKは脂溶性ビタミンと呼ばれている。

ミネラルを補給する目的では、カルシウム、マグネシウム、鉄分などのサプリが利用されている。

コレステロールの減少、肝臓機能の促進、視力回復効果を目的として、ウコンやブルーベリーを使用したものも販売されている。

副作用

サプリを摂取するときは、副作用に注意することも必要である。

ビタミンCやビタミンB1、B2、B6などの水溶性ビタミンは、過剰に摂取しても尿や汗として体外に排出されるが、ビタミンAやビタミンD、ビタミンKなどの脂溶性ビタミンは、過剰に摂取すると体内に蓄積されるため、副作用が出やすい。

ミネラルを過剰に摂取したときも、副作用が出る可能性がある。ミネラルはバランスが重要で、1種類のミネラルだけを摂取することは避けた方がよい。

医薬品との飲み合わせにも注意が必要で、ビタミンCでは尿路結石を引き起こす可能性が高まり、ビタミンEでは出血しやすくなることがある。